夢のカリフォルニアスタイルを手に入れよう

このサイトでは、西海岸風の住宅を購入しようと考えている方に向けて様々な情報を紹介しています。
外観の特徴からインテリア雑貨の選び方なども記載しておりますので、十分に参考としていただけることでしょう。
また当サイトでは、お部屋のインテリアを手作りしたいと思っていらっしゃる方にもおすすめできる、「DIYを行う際のコツ・ポイント」なども記載しております。
家は高額な買い物でもありますから、後悔の無いようしっかりと学んでいきましょう。

住宅の外観の特徴を紹介

住宅の外観の特徴を紹介 西海岸風の住宅は近年では人気が高く、注目度も上がってきています。
コンセプトが「アメリカの西海岸ビーチ」というだけあり、ナチュラル感や海辺を連想させるような白やブルーを基調とした色合いが多く見掛けられます。
真っ白で美しい外壁もなかなか良いものですが、「海の家」のように木目を生かした隠れ家のような外観も趣があって良いでしょう。
また、細かい部分に焦点を当ててみると開放感にもこだわりたいところです。
西海岸風の外観全体をデザインする際にはお庭にウッドデッキを設置してみたり、大き目の窓を取り付けるだけでもかなり開放的な雰囲気が出ます。
シンプルな中にもどことなくビンテージを感じさせる、というのが最大のポイントと言えるでしょう。

西海岸風の住宅の内装を作り上げるポイントとは

西海岸風の住宅の内装を作り上げるポイントとは "アメリカ西海岸風インテリアがサーファーを中心に人気です。
日本の住宅を西海岸風を様変わりさせるには、開放的な間取りにしてのびのびとした広い空間作りを意識します。
内装は白をベースに、雑貨などでマリンカラーを加えると爽やかになります。
自然豊かな地ですから、木の風合いも其処ここに生かして、床も壁も天井もせっかくなら板張りにするだけでなくその色味を活かしてオイル仕上げにすることです。
更にペンキで白く塗装してやると光が差し込む明るいお部屋が出来上がるのです。
きっちり塗り込むよりもあえて塗りムラを残してラフな仕上げの方がおすすめ、自分たちで塗ってやるとよい思い出にもなるかもしれません。
賃貸で板張りが難しい時にも大丈夫、板壁風クロスも売られているのでそれを張るだけでよりお手軽に西海岸風となります。
貝殻やヨットなど100円ショップで買ってきた海を思わせるインテリア雑貨を置いてやって、ビーチチェアなどを置いてやるのもよいでしょう。
ユーズド感・ダメージ感がある素材だと正に潮風にさらされたかのよう、古材をもらってきて自己流の家具を作り上げてみてももいいのです。
素敵な雰囲気のお部屋が仕上がること間違いなしです。
"

西海岸風の住宅を建てる際のカラーについて

西海岸風とは、アメリカ西海岸をイメージしたデザインのものの総称です。アメリカ西海岸の具体的な地名で言うと、カルフォルニア州ロサンゼルスやサンフランシスコなどいずれも日本人にも有名な場所となっています。これらの場所のイメージと言えば、やはりどこまでも澄んだ空、白い砂浜と青い海などといったものをイメージされる方も多いでしょう。そういったイメージの元に西海岸風の住宅を建てる場合に、基調となるのは青や白となります。具体的な外壁のカラーで言えば海を連想させるインディゴやオーシャンブルー、空をイメージするならスカイブルーなどを選ばれることが多いようです。真っ白な砂浜を連想させる白を基調とする場合もあります。青系を基調とする場合には、この白を差し色として利用することもできます。また、内装については白い壁と木材の組み合わせがお薦めです。フローリングなどの木材の色を明るい色にすればより一層が開放感が出ます。そして、古木などを選べば高級感を演出することが出来るでしょう。いずれにしても日本にいながら、海外のリゾートホテルにいるような気分を味わうことができます。

西海岸風の住宅を目指してリフォームするには

アメリカのビーチ沿いのお洒落な雰囲気があるとして人気の、西海岸風の内装を目指したいと考えている人も多いのではないでしょうか。そのような場合には、住宅のリフォームをして米国西海岸スタイルにするのもおすすめです。西海岸風にリフォームするときには、床や壁を変えると良いかも知れません。西海岸風の内装を目指すには、床を明るい色にするのがお勧めです。白い色はカジュアルな印象で西海岸のビーチハウスを思わせるような仕上がりになります。グレージュもお洒落な雰囲気を演出するのに役立ちます。フローリングならV字状の木板が特徴的なヘリンボーンもお勧めです。それから壁紙は日本では白が多いですが、西海岸風の住宅にするには青系が良いでしょう。思い切って濃い色を取り入れターコイズブルーや、デニムのようなネイビーにするのも良いかも知れません。壁の4面をこれらの色にするのではなく、1面だけをこういった色にするとお洒落になります。

西海岸風の住宅に似合うアイテムの特徴とは

お洒落な西海岸風の住宅に調和するアイテムを取り入れて、統一感のあるインテリアにしたいと考えている人は多いのではないでしょうか。カリフォルニアスタイルとも呼ばれる西海岸風のインテリアにしたいときには、爽やかで開放感のある雰囲気の家具や小物を取り入れるのがおすすめです。温暖な気候と緩やかなリゾート感があるインテリアをうまく使うことで、西海岸らしい肩の力を抜いた雰囲気が作れるはずです。またアメリカ風の小物・雑貨を取り入れるのもおすすめです。カジュアルでラフな印象のアイテムは西海岸風スタイルを作るときに、インテリアのアクセントとなります。ソファやテーブルなどの家具は、素朴な雰囲気のある自然素材のものが似合います。カーテンも、自然な印象の軽やかな素材を選ぶとカリフォルニア風にピッタリです。木製のブラインドを利用しても、お洒落な雰囲気になるのでお勧め出来ます。さらに室内には観葉植物を置くと良いでしょう。

おしゃれな西海岸風の住宅に似合う壁紙とは

カリフォルニアのお洒落な雰囲気を取り入れた、西海岸風の住宅を目指しているという人も多いのではないでしょうか。もし内装からカリフォルニアスタイルにしたいのならば、思い切って壁紙も変えてしまうのもおすすめです。アメリカの西海岸風のインテリアといえば、おしゃれでリラックス感のある開放的な雰囲気が魅力です。暖かな太陽の光と海を思わせるような、爽やかな色合いが良く似合います。床はナチュラルな木目やグレージュ、白といった色がピッタリです。そしてそのような床に合わせて、壁紙は明度の高い色合いの板壁や白などが良く合います。また木目を活かしたヘリンボーンや、素材感のあるレンガもお勧めです。さらに西海岸風らしさを高める青系の壁にするのも良いでしょう。例えばターコイズやネイビー、ブルーグレーなどもおすすめです。すべての壁をこれらの色にしてしまうのではなく、一面だけをこういったブルー系にしてもお洒落なカリフォルニア風住宅を目指せます。

西海岸風インテリアで住宅をリラックスできる空間に仕上げよう

自分が住むことになる住宅は、できるだけおしゃれでリラックスできる空間にしたいと考えている方は多く、理想の住宅にするためにはイメージを固めてインテリアなどを統一することが重要になります。近年人気が高くなってきているのが「西海岸風インテリア」であり、西海岸風とはアメリカのカリフォルニア州にあるビーチ沿いのおしゃれな雰囲気を再現しています。室内全体が海や太陽を感じられる爽やかな雰囲気が特徴で、開放感があるので忙しい日々にリラックス感を与えてくれます。 そこで注目すべきなのが、家具などに用いるカラーでありカジュアル感を演出するデニムのような濃いブルーや、ビーチの爽やかさと陽気な雰囲気を演出するターコイズブルーを取り入れることです。また部屋全体が白い壁だけでは殺風景な雰囲気になってしまうので、壁紙自体の色を変えることが難しい場合などは壁面装飾として、デニムブルーやターコイズブルーを使用した爽やかなファブリックパネルやアートパネルを取り入れるのもおすすめです。

西海岸風のインテリアや外壁仕上げを目指すなら

特定の国や地域を意識した住宅は珍しくありませんが、中でもアメリカの西海岸風の仕上げは人気があります。西海岸風の外壁仕上げとしてよく知られているのが白いガルバリウム鋼板という素材であり、これを使用するだけで一気に爽やかな印象をもたらすことが出来ます。
アクセントとして使用されるレッドシダーもアメリカンなイメージに繋がり、都会の喧騒を離れてのどかな雰囲気も同時に演出することが出来ます。
インテリアでは西海岸の物を輸入するのが最もイメージを作りやすい方法ですが、それはどうしてもコストがかかります。
そこで日本のインテリアで問題はないので、白を基調としたものを増やしてみましょう。家具と外壁仕上げは同時に見えるものではありませんが、なるべく統一感を出しておくことをお勧めします。
その家に招待された人物は外壁を見てから、その次に家具を目を見ることになります。目に入るもの全体に統一感があればオシャレに見えやすいです。

西海岸風のインテリアにおすすめの色合いとは

爽やかで開放的、さらにお洒落でリゾート感もある西海岸風インテリアに部屋を改造したいときには色合いもポイントになってくるでしょう。
サンフランシスコやサンディエゴなどを連想する、都会的でありながらもナチュラルで海の雰囲気が漂うインテリアにするためには、自然で爽やかな印象のカラーが適しています。
しかし西海岸風の部屋も、壁や床などの多くの面積を占める部分には白や木材の色合いが適しています。
シャビーな白系の木板も似合うのでおすすめです。またテーブルや棚なども、木の風合いを活かしたナチュラルカラーがピッタリです。
西海岸風の部屋に付けるカーテンは白系の色が良いでしょう。軽やかな質感や明るい色にすることで、海辺のリゾートらしい明るさを演出することができます。
このような面積の大部分を占めるところでは、白やナチュラルな木の色を使いますが、アクセントになる小物では黒や観葉植物の緑、海を思わせるブルーなども取り入れるのが良いです。

夏は暑く冬は寒い日本の気候に合う西海岸風インテリア

近年では輸入家具専門店などが増えており、西海岸風のインテリアもすぐにでも手に入れられるようになりました。それらをバランス良く配置すれば、欧米の雰囲気をすんなりと出すことも出来ます。
しかし、注意しなければならないこともあります。それは日本は夏は暑く冬は寒いという、アメリカとは異なる機構の国であることです。
また、湿気が多いことも大きな特徴となっています。これらの特徴はインテリアにとって大きな負担となり、普通に使っていても壊れてしまうリスクへとつながります。
そこで西海岸風の家具を取り入れる時にはデザインだけでなく、耐久性も確認しておくことが大切です。たとえ見た目は西海岸風であったとしても、耐久面は日本の気候に合わせたものにしておくことが重要となります。
つまり、あえて輸入品でなくても日本製の家具で問題ないということです。それぞれの製品が何年くらい使用できるかまで踏まえて、購入することで損をするリスクを減らせます。

西海岸風のインテリアには上手にマリンカラーを取り入れよう

アメリカの西海岸にあるビーチハウスをイメージするような、お洒落な西海岸風インテリアに部屋を模様替えしたいという人もいるのではないでしょうか。
そういった場合にはマリンカラーのアイテムを取り入れるのが良いかも知れません。西海岸風のインテリアといえば、爽やかでリラックスしたリゾート感のあるスタイルが特徴的です。
カリフォルニア州の海辺の地域にインスパイアされたものですから、海を連想するマリンカラーはピッタリといえます。
しかし西海岸風の部屋に使用する色の中でもメインとなるのは、ホワイトやナチュラルな木材の色です。それにグリーンや黒、ブラウンなどを加えるとバランスが良くなります。
さらにブルーやターコイズなどの海を思わせる色を部分的に使用すると、アクセントとして効果的です。あまりこれらの色が多いと、安っぽい印象になってしまったり季節によっては寒々しく感じられてしまうこともあります。上品な西海岸風を実現するためにも量には注意しましょう。

西海岸風のインテリアはナチュラル館を目指すべき

近年、人気の高いインテリアのスタイルである西海岸風の部屋にしたいと考えている人もいるのではないでしょうか。
そのような場合には、ナチュラル館といった風情を目指すのがおすすめです。カリフォルニアの爽やかな風を感じるような、自然な印象のインテリアにすると海辺のお洒落な雰囲気漂う部屋にすることができます。
部屋を西海岸風にするならば、家具はやはり自然素材で出来ているものを取り入れると良いです。例えば木製のシェルフやテーブルなどは、アメリカの西海岸の雰囲気満点でピッタリの家具の一例に挙げられます。
木の風合いがダイレクトに感じられる、素材感を活かしたデザインをおすすめします。それから西海岸風の部屋には、ファブリック素材のソファを置くのも良いでしょう。デザインは自然で、綿を始めとした自然の質感もあるファブリックが適しています。
また室内にオブジェや小物を飾るのなら、木の質感がある流木やマクラメなども西海岸風に向いています。

●埼玉の注文住宅を紹介●

埼玉 注文住宅